アグリビジネス

グローバルハートアグリの会

 少子高齢化が急速に進行しているわが国では、自己責任による将来の備えが益々重要となり、日本国憲法に規定されている「健康的で文化的な生活」をおくるためにも、将来に対しての資金的な備えだけでなく「人間としての尊厳」を大切にするということも求められていると思われます。

 私達が生きていく為に最低限必要な「食の産業」を担うべき日本の農業は、様々な理由から後継者が不足し、休耕地が増え、その結果として日本の食料自給率も先進国では最低の40%を割っている(2008年現在)状態です。

 グローバルハートの展開するアグリビジネスの大きなテーマの一つは、「土地や農産物の生産技術はあるが、いわゆる働き手が足りない」という農業経営者に対して必要な期間、必要な人材をご紹介する、という事です。今後(2009年以降)、団塊世代(約700万人)の大量退職時代を迎えると“持ち家があり、体力・気力もまだまだ、退職金・年金で日々の生活は大丈夫”という人たちが多くリタイアメント生活に入ります。このような人たちや農業に興味を持つ若い世代を中心に“お役立ち隊“を編成し、四季折々に栽培、生産、収穫される日本の全国の特産物、農産物の栽培や収穫活動に参加していただき、農業の重要性を体験から感じられる場をつくる事によって新たな後継者育成への働きかけを行っていきます。また、農業の求人情報掲載や生産物の流通の場を提供し、新たな「食の産業」ビジネスをご提案いたします。


画像をクリックすると拡大表示されます。
●「グローバルハートアグリの会」入会・登録方法