キャッシュバランスプラン総合型

確定給付企業年金 基金型 移行ご提案

キャッシュバランス総合型:複数事業主型確定給付企業年金

1.確定給付型の制度なので、従業員の理解を得られやすい

一定部分の給付は保証されており、確定拠出型制度のように従業員側に運用責任が生じることはありません。

2.掛金の追加負担が発生するリスクを極力抑えている

給付水準が国債の平均利回りに連動するキャッシュバランスプランを採用しているので、これまでの企業年金制度のような利差損の発生する可能性は、低く抑えられています。
したがって、積立不足による掛金の追加負担が生じにくい制度になっています。

3.掛金は全額損金算入

企業が負担する掛金は、全額損金扱いになりますので、退職金保全手段としての税制メリットも享受できます。

4.複数の事業主が共同して制度を実施することでスケールメリットを享受することが可能

1社単独では、企業年金制度の運営が困難な会社であっても、本制度に加入することにより年金制度を実施することが可能です。
また、年金資産が大きくなることにより、効率的な資産運用や、運用委託費用も低く抑えることが可能です。

5.会社毎に加入資格や給付水準を決定することが可能

全体の制度運営は、各企業共通で行いますが、会社毎に加入資格、給付水準等を決定することが可能です。
個別の企業の実情に応じた退職給付制度の準備が可能です。