貴社の経営労務監査

 厳しい経営環境の中で、個別労働紛争はますます増大の傾向を示しております。労働紛争が生じると会社の社会的信用度低下、労働局のあっせん、地方裁判所の労働審判、簡易裁判所の民事調停、裁判になり多額の支払いが生じる可能性があります。
 また、株式公開(IPO)を目指している企業においては、公開審査項目になっており、さらに、昨今、各メディアでさかんに報道されている「ブラック企業」と称されない様に等、経営労務管理上のリスク管理の重要性が必須となってきております。
 経営労務監査とは、企業の社会的責任(CRS)について労働関係法令を中心に遵守できているか(コンプライアンス)を就業規則、各規程等より確認することです。
 グローバルハートでは、経営労務管理監査に詳しい社会保険労務士が、貴社の労務管理が適法かつ適切に行われているか診断を行い結果報告後、改善策立案に協力して、貴社の労務管理リスク軽減を図ります。

 経営労務監査は、経営労務診断とも称されており、企業経営での労務管理の適法性・適正性・適切性を監査(診断)し、改善提案を行うことにより企業の健全な発展に寄与しょうとするものであり、主に次の三つの要素で構成されております。
  1. 労務コンプライアンス監査――労働関係法令の遵守状況等適法性の確認
  2. 人材ポートフォリオ監査―――生産性向上を視点にした人材配置の適正性の確認
  3. 社員意識調査――――社員の意識調査を行い、労務の効率性との相関を検討する

経営労務監査の内容

・労働保険、社会保険の適用状況に問題ないか。
・労働契約書、労働条件通知書、労働条件変更時の手続きが適切か。
・就業規則、各規程が直近の法改正に対応できているか。また、追加規程、追加条文の必要性。
・就業規則等条文が通達、判例等に合理的に対応しているか。・
・各協定が締結され届け出がしてあるか。また各協定の内容が適切かであるか。
・就業時間に問題はないか(サービス残業はないか)
・過去行政等から指摘された事項について、また今後指摘される可能性事項についての審査
・ポートフォリオ監査に使用する、決算書等財務諸表の分析
・チェックリストおよび聴き取り調査による、従業員意識調査の実施

労務監査の流れ

  企業訪問して担当者とヒアリング後見積書を提示
     ↓契約
  労務監査実施
     ↓
  結果報告・改善策提案
     ↓
  改善策立案

費用

 経営労務監査の内容に応じて見積額を出させていただきます。
※三つの要素を一度に実施するのではなく、今回は労務コンプライアンスのみ実施する等、分割した実施も可能です。

 お電話かメールでお問い合わせ下さい。
  TEL:03-3524-1468
  メール:gheart@fine.ocn.ne.jp