管理職の労働基準法基礎研修

 厳しい経営環境の中で、個別労働紛争が増大しています。人事担当者は労務管理を知っていても、現場の管理職が労務管理を知らないで部下を指導し、後々サービス残業、解雇、有給休暇の付与、セクハラ、パワハラ等の労働紛争となり、労働局のあっせん、地方裁判所の労働審判、簡易裁判所の民事調停、裁判(訴訟)に発展し、会社の社会的信用度低下を招くことにより多額の解決金等の支払いが生じる可能性があります。
 グローバルハートでは、専門の講師を貴社に派遣し、事例を示しながら管理職に労基法の基礎知識を理解させ、紛争にならないための部下に対する適切な指導(行動、言葉使い)、紛争になった時の対応等を取得してもらい、貴社の労務管理リスク軽減を図ることを目的とした研修を提供します。

研修内容一例

2時間〜4時間コース

  1. 最近の労働紛争状況
  2. 会社の就業規則で最低限知っておかなければならない条文
  3. 個別の労働紛争事例を示しながら、労基法の基礎知識、紛争の回避対応・事後対応を解説します。

@ サービス残業
A 有給休暇の付与
B 解雇・雇い止め
C セクハラ・パワハラ
D その他
*研修内容等は、原則研修前の事前打合せにより貴社の希望に沿った内容で研修を実施します。

 お電話かメールでお問い合わせ下さい。
  TEL:03-3524-1468
  メール:gheart@fine.ocn.ne.jp